いぎょうぼん 意味

発音を聞く:
  • 【易行品】
    十住毘婆沙論(ジユウジユウビバシヤロン)三四品中の第九品。菩薩の実践に難易の二道があることを説き,易行の法としての憶念・称名をすすめる。浄土信仰の形成上,重要な経。竜樹の撰述と伝える。五世紀初め頃,鳩摩羅什(クマラジユウ)訳。

  • いぎょう-ぼん:    ―ギヤウ― 【易行品】十住毘婆沙論(ジユウジユウビバシヤロン)三四品中の第九品。菩薩の実践に難易の二道があることを説き,易行の法としての憶念・称名をすすめる。浄土信仰の形成上,重要な経。竜樹の撰述と伝える。五世紀初め頃,鳩摩羅什(クマラジユウ)訳。
  • はちぎょうぼん:    【八行本】 浄瑠璃本の一。一丁の片面に大字で八行書かれ,節章(フシシヨウ)がつけられた正本(シヨウホン)。延宝(1673-1681)の頃,宇治加賀掾が始めたとされる。正徳(1711-1716)の頃からは七行になった。
  • じょうぼん:    【上品】 (1)〔仏〕 極楽往生を九段階に分けた九品(クホン)の上位の三段階。上品上生・上品中生・上品下生の三つ。 (2)上等。最上級。 ; 【常凡】 ありふれていて,これといった特徴のないさま。 「―な作品」

隣接する単語

  1. "いぎぼそ" 意味
  2. "いぎもうしたて" 意味
  3. "いぎょ" 意味
  4. "いぎょう" 意味
  5. "いぎょうどう" 意味
  6. "いぎょうるいじこうい" 意味
  7. "いぎょう-どう" 意味
  8. "いぎょう-ぼん" 意味
  9. "いぎょう-るいじこうい" 意味
  10. "いぎょう" 意味
  11. "いぎょうどう" 意味
  12. "いぎょうるいじこうい" 意味
  13. "いぎょう-どう" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社