いぎ-そ 意味

発音を聞く:
  • :    (1)五十音図サ行第五段の仮名。歯茎摩擦音の無声子音と後舌の半狭母音とから成る音節。 (2)平仮名「そ」は「曾」の草体。片仮名「ソ」は「曾」の初二画。 〔奈良時代までは,上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり,発音上区別があったとされる〕 ; 【十】 じゅう。とお。「みそか(三十日)」「やそしま(八十島)」などの形で用いられる。 ; 【阻】 けわしいこと。けわしい所。 ; 【俎】 中国古代の供物
  • そ-そ:    【其其】 (感)(代名詞「そ」を重ねた語)人の注意をうながす語。それそれ。そらそら。「あなたに人の声すれば,―などのたまふに/蜻蛉(上)」
  • いぎ:    【威儀】 (1)挙措動作が礼式にかなっていること。また,礼式にかなった,重々しく威厳のある態度・動作。 (2)〔仏〕(ア)動作。振る舞い。(イ)戒律の異名。(ウ)袈裟(ケサ)の肩の部分にある平絎(ヒラグケ)の紐(ヒモ)。 ――を正・す 礼儀正しく,いかめしい態度を取る。威儀を繕う。 「―・して式典に参列する」 ――を繕(ツクロ)・う 「威儀を正す」に同じ。 ; 【異義】 ことなった意味。 ⇔同

隣接する単語

  1. "いぎょう-どう" 意味
  2. "いぎょう-ぼん" 意味
  3. "いぎょう-るいじこうい" 意味
  4. "いぎりすじん" 意味
  5. "いぎ-し" 意味
  6. "いぎ-そう" 意味
  7. "いぎ-の-おもの" 意味
  8. "いぎ-の-じん" 意味
  9. "いぎ-の-にょうぼう" 意味
  10. "いぎりすじん" 意味
  11. "いぎ-し" 意味
  12. "いぎ-そう" 意味
  13. "いぎ-の-おもの" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社