いけのぼう 意味

発音を聞く:
  • 【池坊】
    〔京都の紫雲山頂法寺(通称は六角堂)の坊の名〕
    生け花の流派名。また,この流派の家元の姓。

  • いけのぼう-せんけい:    イケノバウ― 【池坊専慶】池坊立花(タテハナ)の開祖。長禄・寛正年間(1457-1466)に活躍。室町将軍家の同朋衆のものとはことなる立花を立てて有名になる。生没年不詳。
  • いけのぼう-せんこう:    イケノバウセンカウ 【池坊専好】(1)(初代)(1536-1621) 安土桃山・江戸初期の立花(タテハナ)師。立花の構成理論を儒教に求め,自然界の景色を表現するものとした。(2)(二代)(1570-1658) 江戸前期の立花師。初代の理論に仏教をも加え,立花の構成理論をより緻密にした。後水尾天皇の宮廷を中心に活躍した。(3)(三代)(1680-1734) 元禄末期から享保期にかけて活躍した立華
  • いけのぼう-せんのう:    イケノバウセンオウ 【池坊専応】(1482-1543) 室町時代の六角堂の住僧。専慶のあとをうけ,立花(タテハナ)を造形芸術とし,その表現法を明らかにした。伝書に「池坊専応口伝」がある。

例文

もっと例文:   次へ>
  1. 池坊 美佳(いけのぼう みか、1970年 - )は、日本の華道家。
  2. 池坊(いけのぼう)は、いけばなの流派の一つであり、最古で最大の会員数を誇る。
  3. 1952年 池坊学園短期大学(いけのぼうがくえんたんきだいがく)として開学。
  4. 池坊専好(いけのぼうせんこう)は、安土桃山時代から江戸時代中期にかけての立花師。

隣接する単語

  1. "いけの" 意味
  2. "いけのせいいちろう" 意味
  3. "いけのぜんに" 意味
  4. "いけのたいが" 意味
  5. "いけのだいなごん" 意味
  6. "いけのぼうせんけい" 意味
  7. "いけのぼうせんこう" 意味
  8. "いけのぼうせんのう" 意味
  9. "いけのぼう-せんけい" 意味
  10. "いけのたいが" 意味
  11. "いけのだいなごん" 意味
  12. "いけのぼうせんけい" 意味
  13. "いけのぼうせんこう" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社