いさごじ 意味

発音を聞く:
  • 【砂路】
    砂の路。すなみち。
    「清き河原の―に/弁内侍日記」

  • いさご:    【砂・沙・砂子】 すな。細かい石。すなご。まさご。 ――長じて巌(イワオ)となる 〔石が成長すると考えていた古代人が,繁栄の長く久しいことを祝った語〕 天子・貴人の寿命・治世が末長く続く。
  • さごじょう:    【沙悟浄】 中国,明代の長編小説「西遊記」の副主人公(河童(カツパ))。天上界から追い出されて妖怪となっていたが,三蔵法師の法力で改心し,孫悟空・猪八戒(チヨハツカイ)らと供をしてインドから経典をもたらす。
  • まさごじ:    【真砂路】 小石や砂の道。砂浜の道。 「―の次第に低くなりて/うたかたの記(鴎外)」

隣接する単語

  1. "いさぎよし" 意味
  2. "いさぎよ・い" 意味
  3. "いさく" 意味
  4. "いさくさ" 意味
  5. "いさご" 意味
  6. "いさごむし" 意味
  7. "いさご-じ" 意味
  8. "いさご-むし" 意味
  9. "いささ" 意味
  10. "いさくさ" 意味
  11. "いさご" 意味
  12. "いさごむし" 意味
  13. "いさご-じ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社