いしきてき 意味

発音を聞く:
  • 【意識的】
    自分でもそうと知りながらしているさま。故意。意図的。
    ⇔無意識的
    「あれは彼の―な発言だ」

  • けいしきてき:    【形式的】 (1)形式に関するさま。 「―な誤り」「―にはまちがっていない」 (2)形ばかりで内容のないさま。 ⇔実質的 「―な挨拶」
  • むいしきてき:    【無意識的】 意識しないさま。知らず知らずにするさま。 ⇔意識的 「―に繰り返す」
  • そしきてき:    【組織的】 一定の秩序や体系をもって全体が構成されているさま。 「―な活動」

例文

  1. 形式的形成訴訟(けいしきてきけいせいそしょう)とは民事訴訟法上の概念で、訴えの類型のひとつである。
  2. 形式的検証(けいしきてきけんしょう)とは、ハードウェアおよびソフトウェアのシステムにおいて形式手法や数学を利用し、何らかの形式仕様やプロパティに照らしてシステムが正しいことを証明したり、逆に正しくないことを証明することである。

隣接する単語

  1. "いしき" 意味
  2. "いしきあて" 意味
  3. "いしきいっぱん" 意味
  4. "いしきかん" 意味
  5. "いしきしょうがい" 意味
  6. "いしきのながれ" 意味
  7. "いしきふめい" 意味
  8. "いしきり" 意味
  9. "いしきりかじわら" 意味
  10. "いしきかん" 意味
  11. "いしきしょうがい" 意味
  12. "いしきのながれ" 意味
  13. "いしきふめい" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社