いしくしろ 意味

発音を聞く:
  • 【石釧】
    古墳時代の石製腕輪のうち,鍬(クワ)形石と車輪石を除いたものの称。狭義にはイモガイ製の貝輪を碧玉・滑石などで模したものをさす。

  • ししくしろ:    【肉串ろ】 串に刺して焼いた獣肉がうまいことから,「熟睡(ウマイ)」に,また良味(ヨミ)と同音の「黄泉(ヨミ)」にかかる。 「―熟睡寝し間(ト)に/日本書紀(継体)」「―黄泉に待たむと/万葉 1809」
  • いし-くしろ:    [3] 【石釧】古墳時代の石製腕輪のうち,鍬(クワ)形石と車輪石を除いたものの称。狭義にはイモガイ製の貝輪を碧玉・滑石などで模したものをさす。
  • しくしく:    【頻頻】 絶え間なく。しきりに。 「ぬばたまの黒髪山の山菅に小雨降りしき―思ほゆ/万葉 2456」 ; (1)勢いなくあわれに泣くさま。しおれて泣くさま。さめざめ。 「―(と)泣く」 (2)腹などが絶えず鈍く痛むさま。 「腹が―する」

例文

  1. 後方部の祭祀状遺構で、石釧(いしくしろ)、車輪石、鍬形石と呼ばれる碧玉製腕飾類の破片、それら三種の碧玉製品を模造した土製品の破片、碧玉の管玉、鉄剣・刀子の破片と鉄斧、位牌形石製品とよばれ、人形の形骸化したい試製品と想像される遺物、高坏や壺などの土師器が出土した。

隣接する単語

  1. "いしき-しょうがい" 意味
  2. "いしき-てき" 意味
  3. "いしき-の-ながれ" 意味
  4. "いしき-ふめい" 意味
  5. "いしく" 意味
  6. "いしくばり" 意味
  7. "いしくも" 意味
  8. "いしくれ" 意味
  9. "いしく-も" 意味
  10. "いしき-ふめい" 意味
  11. "いしく" 意味
  12. "いしくばり" 意味
  13. "いしくも" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社