いしこづめ 意味

発音を聞く:
  • 【石子詰め】
    中世・近世に行われた処刑の方法。罪人を生きたまま穴の底に入れ,上から小石を入れて埋め殺すもの。各地で私刑として行われた。

  • いしこづみ:    【石子積み】 (1)小石を積み重ねること。 (2)「石子詰(ヅ)め」に同じ。
  • いしこ-づめ:    [0] 【石子詰め】中世・近世に行われた処刑の方法。罪人を生きたまま穴の底に入れ,上から小石を入れて埋め殺すもの。各地で私刑として行われた。
  • こづめ:    【小詰(め)】 江戸時代,上方の歌舞伎・人形芝居で,下級の役者・人形遣い。自分の部屋をもたず大部屋に詰める。また,彼らの務める端役。 ; 【小爪】 (1)爪の付け根の白い半円形の部分。爪半月。 (2)爪の切りくず。 ――を拾(ヒロ)・う わずかな言葉じりをとらえて非難する。

例文

  1. 石子詰め(いしこづめ)は、日本の中世、近世の刑罰、私刑のひとつ。

隣接する単語

  1. "いしけん" 意味
  2. "いしげ" 意味
  3. "いしこ" 意味
  4. "いしこがたな" 意味
  5. "いしこづみ" 意味
  6. "いしこらしい" 意味
  7. "いしこりどめのみこと" 意味
  8. "いしこりどめ-の-みこと" 意味
  9. "いしころ" 意味
  10. "いしこがたな" 意味
  11. "いしこづみ" 意味
  12. "いしこらしい" 意味
  13. "いしこりどめのみこと" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社