いしなご 意味

発音を聞く:
  • 【石子・石投・擲石】
    古くからの女児の遊戯の一。石を撒(マ)き,うち一つを投げ上げ,落ちてくる間に他の石を拾ってともにつかみとる遊び。現在のお手玉にも型が残る。いしなどり。いしなごとり。石投げ。

  • しなごん:    【四納言】 一条天皇の時代に,賢才として知られた四人の納言。権大納言藤原公任・権中納言藤原斉信(ナリノブ)・権中納言源俊賢・権中納言藤原行成をいう。
  • いし-なご:    【石子・石投・擲石】古くからの女児の遊戯の一。石を撒(マ)き,うち一つを投げ上げ,落ちてくる間に他の石を拾ってともにつかみとる遊び。現在のお手玉にも型が残る。いしなどり。いしなごとり。石投げ。
  • やましなごぼう:    【山科御坊】 ⇒山科別院(ヤマシナベツイン)

例文

  1. 愛知県道6号力石名古屋線(あいちけんどう6ごうちからいしなごやせん)は、愛知県豊田市と名古屋市名東区を結ぶ愛知県の主要地方道である。

隣接する単語

  1. "いしどうろう" 意味
  2. "いしどこ" 意味
  3. "いしどりや" 意味
  4. "いしなぎ" 意味
  5. "いしなげ" 意味
  6. "いしなどり" 意味
  7. "いしな-どり" 意味
  8. "いしにわ" 意味
  9. "いしのあぶら" 意味
  10. "いしなぎ" 意味
  11. "いしなげ" 意味
  12. "いしなどり" 意味
  13. "いしな-どり" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社