いしばししあん 意味

発音を聞く:
  • 【石橋思案】
    (1867-1927) 小説家。横浜市生まれ。本名,助三郎。東大中退。尾崎紅葉・山田美妙らと硯友社を興す。今様春水と評され,「仇桜遊里廼夜嵐」「乙女心」「京鹿子」など人情本的な恋愛小説を書いた。

  • いしばし-しあん:    【石橋思案】(1867-1927) 小説家。横浜市生まれ。本名,助三郎。東大中退。尾崎紅葉・山田美妙らと硯友社を興す。今様春水と評され,「仇桜遊里廼夜嵐」「乙女心」「京鹿子」など人情本的な恋愛小説を書いた。
  • いしばししょうじろう:    【石橋正二郎】 (1889-1976) 実業家。福岡県生まれ。地下足袋の発明から事業を起こし,国産タイヤ生産に着手しブリヂストンを育てる。
  • しあんばし:    【思案橋】 渡ろうか渡るまいかと,思いあぐねるという橋。各地にこの名の橋があり,本来は橋占(ハシウラ)の行われた所という。

隣接する単語

  1. "いしばいのま" 意味
  2. "いしばい-がま" 意味
  3. "いしばい-の-だん" 意味
  4. "いしばい-の-ま" 意味
  5. "いしばし" 意味
  6. "いしばししょうじろう" 意味
  7. "いしばしたんざん" 意味
  8. "いしばしにんげつ" 意味
  9. "いしばしやまのたたかい" 意味
  10. "いしばい-の-ま" 意味
  11. "いしばし" 意味
  12. "いしばししょうじろう" 意味
  13. "いしばしたんざん" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社