いし-なぎ 意味

発音を聞く:
  • [0]
    【石投】

    スズキ目の海魚。全長2メートルに達する。体は長楕円形で,やや側扁する。体色は灰褐色。幼魚には数本の黒褐色の縦縞(タテジマ)がある。夏,美味。鰾(ウキブクロ)から膠(ニカワ),肝臓から肝油を取る。日本各地の深海に分布。

  • いしなぎ:    【石投】 スズキ目の海魚。全長2メートルに達する。体は長楕円形で,やや側扁する。体色は灰褐色。幼魚には数本の黒褐色の縦縞(タテジマ)がある。夏,美味。鰾(ウキブクロ)から膠(ニカワ),肝臓から肝油を取る。日本各地の深海に分布。
  • なぎ:    【水葱・菜葱】 ミズアオイの異名。﹝季﹞夏。 ――の花の御輿(ミコシ) 「葱花輦(ソウカレン)」に同じ。 「行幸などに―にたてまつる/枕草子 287」 ; 【梛】 マキ科の常緑高木。高さ20メートルに達する。暖地の山中に自生,また庭木とされる。葉は対生し,楕円形で革質,多数の平行脈がある。雌雄異株。五,六月開花。果実は球形で,晩秋,白粉を帯びた青色に熟す。古くから神社の境内に植えられ,熊野神
  • あさ-なぎ:    [0] 【朝凪】海岸で朝一時,風がやむこと。陸風から海風に変わる時に起きる現象。[季]夏。夕凪

隣接する単語

  1. "いし-づち" 意味
  2. "いし-づみ" 意味
  3. "いし-てき" 意味
  4. "いし-どうろう" 意味
  5. "いし-どこ" 意味
  6. "いし-なげ" 意味
  7. "いし-なご" 意味
  8. "いし-にわ" 意味
  9. "いし-のうりょく" 意味
  10. "いし-どうろう" 意味
  11. "いし-どこ" 意味
  12. "いし-なげ" 意味
  13. "いし-なご" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社