いずれ 意味

発音を聞く
  • 【何れ・孰れ】
    ※一※ (代)
    不定称の指示代名詞。二つあるいはそれ以上ある物,場所,時などの中から一つを選ぶときに使う語。どれ。どちら。どっち。
    「―が勝つか」「―へ行こうとも捜し出す」
    ※二※ (副)
    (1)どんな成り行きになるとしても。どっちみち。どうせ。
    「―わかることだ」
    (2)そう遠くない将来において。そのうちに。
    「―またお目にかかりましょう」
    ――菖蒲(アヤメ)か杜若(カキツバタ)
    〔アヤメもカキツバタも同科の花〕
    +もっと...
  • いずれか:    【何れか】 (1)疑問を表す。どちらが…か。どれが…か。 「雲もみな浪とぞ見ゆる海士もがな―海と問ひて知るべく/土左」 (2)反語を表す。いったいどれが。 「生きとし生ける物,―歌をよまざりける/古今(仮名序)」
  • いずれまた!:    さようなら!
  • いずれも:    【何れも】 ※一※ (連語) どれも。どちらも。 「甲乙丙―完全ではない」 ※二※ (代) 〔中世・近世の語〕 複数の人をさす。 (1)三人称。皆。 「某も明日は―を御茶で申入うと存ずる/狂言・清水(虎寛本)」 (2)二人称。あなたがた。 「―はお気が付きますまい/浮世草子・織留 4」

例文

もっと例文:   次へ>
  1. 君の努力はいずれは報われることだろう。
  2. いずれにしても彼は結果に満足していた。
  3. いずれにしろ、明日は列車に乗りなさい。
  4. いずれにしても、彼を助ける手段はない。
  5. いずれは手をつけなければならないだろう。

隣接する単語

  1. "いずも-ぶし" 意味
  2. "いずも-へいや" 意味
  3. "いずも-むしろ" 意味
  4. "いずも-やき" 意味
  5. "いずら" 意味
  6. "いずれか" 意味
  7. "いずれともつかない領域" 意味
  8. "いずれにしても" 意味
  9. "いずれまた!" 意味
  10. "いずも-やき" 意味
  11. "いずら" 意味
  12. "いずれか" 意味
  13. "いずれともつかない領域" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社