いせぎ 意味

発音を聞く:
  • 【伊勢木】
    (1)木曾・飛騨などの山林地方の住民が斧(オノ)始めに一本きる木。伊勢神宮に納めるお初穂にみたてる。
    (2)伊勢神宮に祈願をこめるための神木。

  • いせぎく:    【伊勢菊】 伊勢地方で育成された,キクの園芸品種。中輪で,花弁(舌状花)が縮れながらよく伸びて垂下し,独特の花容をもつ。
  • かせぎ:    【鹿】 シカの古名。 「山深み馴るる―のけ近さに/山家(雑)」 ; 【稼ぎ】 (1)働いて収入を得ること。また,その収入。 「良い―になる」「―が少ない」「共―」 (2)生活の資を得るための仕事。また,その仕事に励むこと。 「野良―」 ; 【桛木】 (1)「桛(カセ){(1)}」に同じ。 (2)木の,またになった所。 「あやまたず―に射てけり/著聞 20」 (3)木のまたを利用して Y 字
  • せぎり:    【瀬切り】 (1)流れをせき止めること。 「―せし真野のなからはつららゐて/散木奇歌集」 (2)浅瀬の速い流れ。早瀬。 「佐保川の―の波や万代の数/堀河百首」

例文

  1. 井関駅(いせぎえき)は、三重県津市一志町(旧一志郡一志町)井関にある東海旅客鉄道(JR東海)名松線の駅である。

隣接する単語

  1. "いせき" 意味
  2. "いせきしょうもん" 意味
  3. "いせきちょう" 意味
  4. "いせき-しょうもん" 意味
  5. "いせき-ちょう" 意味
  6. "いせぎく" 意味
  7. "いせこう" 意味
  8. "いせこじき" 意味
  9. "いせごい" 意味
  10. "いせき-しょうもん" 意味
  11. "いせき-ちょう" 意味
  12. "いせぎく" 意味
  13. "いせこう" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社