いせ-かぐら 意味

発音を聞く:
  • [3]
    【伊勢神楽】

    民間に伝承される神楽の分類名称。伊勢外宮(ゲクウ)の御師(オシ)の家で行われた巫女(ミコ)による神楽が源流とされ,清めの方法として湯立(ユダテ)を行う点に特色がある。伊勢流神楽。湯立神楽。旧暦一一月(霜月)に行う例が多く,霜月神楽ともいう。東北地方・中部地方に多く分布する。

  • いせかぐら:    【伊勢神楽】 民間に伝承される神楽の分類名称。伊勢外宮(ゲクウ)の御師(オシ)の家で行われた巫女(ミコ)による神楽が源流とされ,清めの方法として湯立(ユダテ)を行う点に特色がある。伊勢流神楽。湯立神楽。旧暦一一月(霜月)に行う例が多く,霜月神楽ともいう。東北地方・中部地方に多く分布する。
  • かぐら:    【神楽】 〔「かむくら(神座)」の転〕 (1)神をまつるために奏する歌舞。 (2)宮中の儀式芸能の一。歌が主体で,一部舞を伴う。楽器は和琴・大和笛(神楽笛)・笏拍子(シヤクビヨウシ)であったが,のちに篳篥(ヒチリキ)が加わった。平安時代中期に成立。今日に伝わる。御神楽(ミカグラ)。 (3)民間神事芸能の一。各地の神社で祭礼の折などに行われる舞・囃子(ハヤシ)。巫女神楽・出雲神楽・伊勢神楽・獅子
  • いずも-かぐら:    イヅモ― [4] 【出雲神楽】民間に伝承される神楽の分類名称。前段の採物舞(トリモノマイ)と後段の神能(シンノウ)の二部分より成る神楽の総称。全国的に広く分布するが,出雲地方に典型がみられるのでこの称がある。出雲流神楽。岩戸神楽もこの系統に属する。

隣接する単語

  1. "いせ-えび" 意味
  2. "いせ-おしろい" 意味
  3. "いせ-おどり" 意味
  4. "いせ-おんど" 意味
  5. "いせ-かいどう" 意味
  6. "いせ-かたがみ" 意味
  7. "いせ-ぎ" 意味
  8. "いせ-ぎく" 意味
  9. "いせ-こう" 意味
  10. "いせ-おんど" 意味
  11. "いせ-かいどう" 意味
  12. "いせ-かたがみ" 意味
  13. "いせ-ぎ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社