いせ-びくに 意味

発音を聞く:
  • 【伊勢比丘尼】
    伊勢寺の勧進と称して尼の姿をした遊女。「絖(ヌメ)の帽子の―/浄瑠璃・国性爺後日」

  • いせびくに:    【伊勢比丘尼】 伊勢寺の勧進と称して尼の姿をした遊女。 「絖(ヌメ)の帽子の―/浄瑠璃・国性爺後日」
  • びくに:    【比丘尼】 (1)〔梵 bhikṣuṇī〕 出家して定めの戒を受け正式に僧となった女子。尼僧。尼。びくにん。 (2)鎌倉・室町時代,尼僧姿で諸国を遊行して歩いた一種の旅芸人。絵解き比丘尼など。 (3)江戸時代,尼僧姿の下級の売春婦。びくにん。 (4)科(トガ)負い比丘尼のこと。
  • うきよ-びくに:    【浮世比丘尼】江戸時代,天和(1681-1684)から元禄(1688-1704)頃にかけていた尼僧姿の売春婦。

隣接する単語

  1. "いせ-の-さぶろう" 意味
  2. "いせ-の-たゆう" 意味
  3. "いせ-の-つかい" 意味
  4. "いせ-の-はまおぎ" 意味
  5. "いせ-は" 意味
  6. "いせ-ぶし" 意味
  7. "いせ-ぶね" 意味
  8. "いせ-へいし" 意味
  9. "いせ-へいじ" 意味
  10. "いせ-の-はまおぎ" 意味
  11. "いせ-は" 意味
  12. "いせ-ぶし" 意味
  13. "いせ-ぶね" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社