いそめ 意味

発音を聞く:
  • 【磯蚯蚓】
    多毛綱遊在目イソメ科の環形動物の総称。一般に体に比べて頭が小さい。体は多数の体節からなり,各体節の両側にいぼ足の生えたミミズ形。アカムシ・イワムシ・スゴカイ・オニイソメなどを含む。多くは沿岸性。定期的に泳ぎ出して生殖活動をすることで有名で,これをパロロという。釣り餌(エ)とする。

  • いそめく:    【急めく】 いそがしそうに振る舞う。 「ゆゆしげに―・きあはれけるに/弁内侍日記」
  • いわいそめ:    【岩磯蚯蚓】 イワムシの別名。
  • いわ-いそめ:    イハ― [3] 【岩磯蚯蚓】イワムシの別名。

例文

  1. ^ 「あいそめまち」とも読む。
  2. 堅田の居初(いそめ)氏邸内の天然図画亭 - 北村幽庵との合作。
  3. 会染駅(あいそめえき)は長野県北安曇郡池田町会染滝沢にあった池田鉄道の駅。
  4. 以前は、流理構造の見られないものを「石英粗面岩(せきえいそめんがん、liparite)」と呼んでいたが、現在では流紋岩に統一され、石英粗面岩の名称は用いられない。

隣接する単語

  1. "いそま" 意味
  2. "いそまきたまご" 意味
  3. "いそまき-たまご" 意味
  4. "いそまつ" 意味
  5. "いそみ" 意味
  6. "いそめく" 意味
  7. "いそめまとい" 意味
  8. "いそもじ" 意味
  9. "いそもなか" 意味
  10. "いそまつ" 意味
  11. "いそみ" 意味
  12. "いそめく" 意味
  13. "いそめまとい" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社