いそ-づり 意味

発音を聞く:
  • [0]
    【磯釣(り)】

    磯でする釣り。

  • いそづり:    【磯釣(り)】 磯でする釣り。
  • いそ:    【五十】 ごじゅう。また,数の多いことをいう。 「岩の上の松の梢に降る雪は―かへり降れ後までも見む/古今六帖 1」 ; 【磯】 ※一※ (名) (1)岩石の多い,海・湖などの波打ち際。 (2)水際の岩石。 「―の間ゆ激(タギ)つ山川絶えずあらば/万葉 3619」 (3)冠の縁(ヘリ)。 →冠 (4)琵琶・和琴(ワゴン)・箏(ソウ)の胴の側面。 (5)鞍(クラ)の部分の名。前輪(マエワ)・後輪
  • あな-づり:    [0] 【穴釣(り)】(1)結氷した湖面に穴をあけて,ワカサギなどを釣る方法。(2)ウナギなど狭い穴の中に隠れている魚を,穴の中に針を入れて釣る方法。

隣接する単語

  1. "いそ-しぎ" 意味
  2. "いそ-じ" 意味
  3. "いそ-ぜせり" 意味
  4. "いそ-ちどり" 意味
  5. "いそ-づたい" 意味
  6. "いそ-な" 意味
  7. "いそ-なみ" 意味
  8. "いそ-にな" 意味
  9. "いそ-の-くちあけ" 意味
  10. "いそ-ちどり" 意味
  11. "いそ-づたい" 意味
  12. "いそ-な" 意味
  13. "いそ-なみ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社