いたいいたい-びょう 意味

発音を聞く:
  • ―ビヤウ [0]
    【イタイイタイ病】

    富山県神通(ジンズウ)川流域に発生した骨疾患。背骨や手足が痛み,骨がもろくなって容易に骨折する。鉱山廃水に含まれるカドミウムの体内蓄積によるものとされ,1968年(昭和43)公害病第一号に認定された。

  • いたいいたいびょう:    【イタイイタイ病】 富山県神通(ジンズウ)川流域に発生した骨疾患。背骨や手足が痛み,骨がもろくなって容易に骨折する。鉱山廃水に含まれるカドミウムの体内蓄積によるものとされ,1968年(昭和43)公害病第一号に認定された。
  • せいいたいしょうぐん ①-:    【征夷大将軍】 (1)平安初期,蝦夷(エミシ)征討のため臨時に派遣された遠征軍の指揮官。大伴弟麻呂・坂上田村麻呂・文屋綿麻呂などが任ぜられたが,以後中絶。 (2)鎌倉時代以後,幕府政権の長たる者の称。征夷将軍。将軍。
  • いたい:    【板井】 水のわき出る所を板で囲ったもの。板で囲んだ井戸。 「わが門の―の清水里遠み/神楽歌」 ; 【衣帯】 (1)衣と帯。 (2)服装。装束(シヨウゾク)。 「これみな襁褓(キヨウホウ)の中に包まれて,―を正しうせざつしか共/平家 4」 ; 【痛い・甚い】 (1)切られたり打たれたり,病気をしたりして,肉体的に苦しい。苦痛を感じる。《痛》「けがをした指が―・い」 (2)精神的に辛く苦しい

隣接する単語

  1. "いぞり" 意味
  2. "いぞん" 意味
  3. "いた" 意味
  4. "いたい" 意味
  5. "いたいいたいびょう" 意味
  6. "いたいがな" 意味
  7. "いたいけ" 意味
  8. "いたいけざかり" 意味
  9. "いたいけす" 意味
  10. "いたい" 意味
  11. "いたいいたいびょう" 意味
  12. "いたいがな" 意味
  13. "いたいけ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社