いたいけ 意味

発音を聞く:
  • 【幼気】
    (1)幼くていじらしいさま。
    「悲しみに耐えている―な姿」
    (2)幼くて,かわいらしいさま。
    「―な子供」
    (3)小さくてかわいらしいさま。
    「―なる物もえやらず/仮名草子・仁勢物語」
    〔「痛き気(ケ)」の転で,心が痛いほどにかわいいさまの意という〕
    ﹛派生﹜——さ(名)

  • いたいけす:    【幼気す】 かわいく見える。 「―・したる小女房/平家 6」
  • いたいけ・す:    【幼気す】 (動サ変)かわいく見える。「―・したる小女房/平家 6」
  • いたいけない:    【幼気ない】 〔形容動詞「いたいけ」の形容詞化。「ない」は接尾語〕 いたいけである。 「まだ―・い子供だ」

例文

もっと例文:   次へ>
  1. 手伝いたいけど、多分足手まといになるよね。
  2. 気の利いたことが言いたいけれどいえないなあ。
  3. 私の事ももう少し 信じてもらいたいけ
  4. デートに誘いたいけど ライバルが多くて
  5. もう終わった... と思いたいけどね

隣接する単語

  1. "いた" 意味
  2. "いたい" 意味
  3. "いたいいたいびょう" 意味
  4. "いたいいたい-びょう" 意味
  5. "いたいがな" 意味
  6. "いたいけざかり" 意味
  7. "いたいけす" 意味
  8. "いたいけない" 意味
  9. "いたいけらし" 意味
  10. "いたいいたい-びょう" 意味
  11. "いたいがな" 意味
  12. "いたいけざかり" 意味
  13. "いたいけす" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社