いたおうぎ 意味

発音を聞く:
  • 【板扇】
    薄い板を重ねて,糸でつづり合わせた扇。檜扇(ヒオウギ)など。

  • いた-おうぎ:    ―アフギ [3] 【板扇】薄い板を重ねて,糸でつづり合わせた扇。檜扇(ヒオウギ)など。
  • いたおい:    【板笈】 笈の一種。普通の笈のように箱形でなく,薄板の左右両端に太い縁をつけ,旅行用具などを結びつけて背に負う。修験者(シユゲンジヤ)が用いる。
  • いたおこし:    【板起(こ)し】 ろくろで形を整えた器を取り離す時に,糸切りを用いず,竹べらなどではがすこと。

隣接する単語

  1. "いたうらぞうり" 意味
  2. "いたうら-ぞうり" 意味
  3. "いたえ" 意味
  4. "いたえん" 意味
  5. "いたおい" 意味
  6. "いたおこし" 意味
  7. "いたおす" 意味
  8. "いたおもり" 意味
  9. "いたか" 意味
  10. "いたえん" 意味
  11. "いたおい" 意味
  12. "いたおこし" 意味
  13. "いたおす" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社