いたずがわし 意味

発音を聞く:
  • 【労がはし】
    〔「いたづかはし」「いたつかはし」とも〕
    (1)御苦労なことだ。
    「この楽しびを忘れて―・しく外の楽しびを求め/徒然 93」
    (2)わずらわしい。面倒だ。
    「我より上なる人と伴へば―・しき事のみあつて/仮名草子・伊曾保物語」

  • いたずがわ・し:    イタヅガハシ 【労がはし】 (形シク)(「いたづかはし」「いたつかはし」とも)(1)御苦労なことだ。「この楽しびを忘れて―・しく外の楽しびを求め/徒然 93」(2)わずらわしい。面倒だ。「我より上なる人と伴へば―・しき事のみあつて/仮名草子・伊曾保物語」
  • たずがね:    【田鶴が音】 (1)鶴(ツル)の鳴く声。 「天飛ぶ鳥も使ぞ―の聞えむ時は我が名問はさね/古事記(下)」 (2)鶴をいう雅語。 「―の悲しく鳴けば/万葉 4398」
  • いすずがわ:    【五十鈴川】 三重県東部,志摩(シマ)半島の剣峠に発し,伊勢市の皇大神宮神域内を流れて伊勢湾に注ぐ川。宇治橋付近の清流は御手洗(ミタラシ)の水となる。御裳裾(ミモスソ)川。宇治川。((歌枕))「君がよは久しかるべしわたらひやいすずの川の流れたえせで/新古今(賀)」

隣接する単語

  1. "いたじとみ" 意味
  2. "いたじめ" 意味
  3. "いたじゃくり" 意味
  4. "いたす" 意味
  5. "いたすずり" 意味
  6. "いたずがわ・し" 意味
  7. "いたずき" 意味
  8. "いたずく" 意味
  9. "いたずら" 意味
  10. "いたす" 意味
  11. "いたすずり" 意味
  12. "いたずがわ・し" 意味
  13. "いたずき" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社