いたずらぶし 意味

発音を聞く:
  • 【徒臥し】
    「徒寝(イタズラネ)」に同じ。
    「君はとけてもねられ給はず,―と思さるるに/源氏(帚木)」

  • いたずら-ぶし:    イタヅラ― 【徒臥し】「徒寝(イタズラネ)」に同じ。「君はとけてもねられ給はず,―と思さるるに/源氏(帚木)」
  • いたずら:    【徒】 ※一※ (形動ナリ) (1)無益であるさま。役に立たないさま。無駄で価値のないさま。現代では「いたずらに」の形で副詞的に用いる。 「―なる所は,耳のはた鼻のみねなりけり/宇津保(俊蔭)」 (2)することもなく,手もちぶさたなさま。ひまなさま。 「舟もいださで―なれば/土左」 (3)役に立っていないさま。 「南の町には―なる対などもなし/源氏(玉鬘)」 →いたずら(悪戯) ※二※ (名)
  • いたずらな:    やんちゃ; 腕白; 行儀が悪い; ふざけた; わんぱく; からかいの; いけない; わんぱくな; たわむれる; やんちゃな

隣接する単語

  1. "いたずらな" 意味
  2. "いたずらに" 意味
  3. "いたずらね" 意味
  4. "いたずらばな" 意味
  5. "いたずらびと" 意味
  6. "いたずらぼうず" 意味
  7. "いたずらむすめ" 意味
  8. "いたずらもの" 意味
  9. "いたずらをする" 意味
  10. "いたずらばな" 意味
  11. "いたずらびと" 意味
  12. "いたずらぼうず" 意味
  13. "いたずらむすめ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社