いちきしまひめ-の-みこと 意味

発音を聞く:
  • 【市杵島姫命・市寸島比売命】
    記紀神話の神。宗像(ムナカタ)三女神の一。天照大神(アマテラスオオミカミ)と素戔嗚尊(スサノオノミコト)の誓(ウケイ)のとき生まれた。のち,弁才天と同一視され,また市神としてまつられることも多い。

  • いちきしまひめのみこと:    【市杵島姫命・市寸島比売命】 記紀神話の神。宗像(ムナカタ)三女神の一。天照大神(アマテラスオオミカミ)と素戔嗚尊(スサノオノミコト)の誓(ウケイ)のとき生まれた。のち,弁才天と同一視され,また市神としてまつられることも多い。
  • たぎつひめ-の-みこと:    【湍津姫命・多岐都比売命】記紀神話の神。宗像(ムナカタ)三女神の一柱。天照大神(アマテラスオオミカミ)と素戔嗚尊(スサノオノミコト)との誓約(ウケイ)の際生まれた。大国主神の妻。
  • たごりひめ-の-みこと:    【田心姫命】田霧姫命

隣接する単語

  1. "いちがん-レフ" 意味
  2. "いちき" 意味
  3. "いちきかいづか" 意味
  4. "いちききとくろう" 意味
  5. "いちきしまひめのみこと" 意味
  6. "いちき-かいづか" 意味
  7. "いちき-きとくろう" 意味
  8. "いちぎ" 意味
  9. "いちぎてき" 意味
  10. "いちききとくろう" 意味
  11. "いちきしまひめのみこと" 意味
  12. "いちき-かいづか" 意味
  13. "いちき-きとくろう" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社