いちざ-の-せんじ 意味

発音を聞く:
  • 【一座の宣旨】
    宮中席次の第一位につくことを許す旨の宣旨。摂政・関白は位階の順位にかかわりなくこの宣旨を被り,上座につく。

  • いちざのせんじ:    【一座の宣旨】 宮中席次の第一位につくことを許す旨の宣旨。摂政・関白は位階の順位にかかわりなくこの宣旨を被り,上座につく。
  • いちざ:    【一座】 (1)同じ場所に居合わせること。同席。 「二,三度―為た事のある初緑と云ふ花魁/今戸心中(柳浪)」 (2)そこに居合わせた人全員。満座。 「―の人々はどっと笑った」 (3)宴会などの催し事。 「―の余興」 (4)同じ興行に参加する役者・芸人などの一団。 「旅回りの―」 (5)物を数える時に使う。(ア)(仏像などの)一体。(イ)(神社の)一社。(ウ)(説法・連歌・俳諧・茶事などの)一回
  • し-の-せんじ:    【使の宣旨】検非違使(ケビイシ)または奉幣使が任命されるとき,下される宣旨。使の宣。

隣接する単語

  1. "いちざ-あそび" 意味
  2. "いちざ-いっく-もの" 意味
  3. "いちざ-かかり" 意味
  4. "いちざ-こんりゅう" 意味
  5. "いちざ-ながれ" 意味
  6. "いちしじん" 意味
  7. "いちしちにち" 意味
  8. "いちしろし" 意味
  9. "いちじ" 意味
  10. "いちざ-こんりゅう" 意味
  11. "いちざ-ながれ" 意味
  12. "いちしじん" 意味
  13. "いちしちにち" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社