いちじせんきん 意味

発音を聞く:
  • 【一字千金】
    〔秦の呂不韋(リヨフイ)がその著「呂氏春秋」を咸陽(カンヨウ)の都の城門に置いて,書中の一字でも添削できた者には千金を与えようと言った「史記(呂不韋伝)」の故事から〕
    (1)一字が千金に値するほどの立派な文字や文章。
    (2)〔一字の教えが千金に値するという意から〕
    師匠の恩などの深く厚いこと。
    「御志の今までも―なり/謡曲・雷電」

  • いちじ-せんきん:    [2] 【一字千金】(秦の呂不韋(リヨフイ)がその著「呂氏春秋」を咸陽(カンヨウ)の都の城門に置いて,書中の一字でも添削できた者には千金を与えようと言った「史記(呂不韋伝)」の故事から)(1)一字が千金に値するほどの立派な文字や文章。(2)(一字の教えが千金に値するという意から)師匠の恩などの深く厚いこと。「御志の今までも―なり/謡曲・雷電」
  • いちじせんい:    【一次遷移】 植物群落の遷移の一型。火山の熔岩(ヨウガン)流や新島,新しい湖沼などに初めて生物が移住し定着することから始まるものをいう。 →二次遷移
  • だいいちじせかいたいせん:    【第一次世界大戦】 三国同盟(独・墺・伊)と三国協商(英・仏・露)との間の帝国主義的対立や民族的対立などを背景として,ヨーロッパを中心に起こった最初の世界戦争。1914年6月のサラエボ事件が発端となり,ドイツ・オーストリア・トルコ・ブルガリアなどの同盟国と,イギリス・フランス・ロシア・日本・アメリカおよび三国同盟を破棄したイタリアなどの連合国とが対戦。18年11月ドイツの降伏で同盟国側が敗北し

隣接する単語

  1. "いちじしのぎ" 意味
  2. "いちじしょとく" 意味
  3. "いちじじしゃく" 意味
  4. "いちじじょう" 意味
  5. "いちじせんい" 意味
  6. "いちじたい" 意味
  7. "いちじだい" 意味
  8. "いちじつ" 意味
  9. "いちじつえんどん ②-" 意味
  10. "いちじじょう" 意味
  11. "いちじせんい" 意味
  12. "いちじたい" 意味
  13. "いちじだい" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社