いちじたい 意味

発音を聞く:
  • 【一字体】
    花押(カオウ)の様式の一。ある一字を選んで作ったもの。名乗りの一字,あるいは吉字を選ぶ。
    →花押

  • いちじ-たい:    [0] 【一字体】花押(カオウ)の様式の一。ある一字を選んで作ったもの。名乗りの一字,あるいは吉字を選ぶ。花押
  • じたい:    【地体】 ※一※ ① (名) (1)物本来の性質,基本。自体。 「是,芸能の―にして/九位」 (2)地球。 ※二※ ◎ (副) 「自体{※二※}」に同じ。 「夜目で判然とは目に入らなんだが―何でも洞穴があると見える/高野聖(鏡花)」 ; 【自体】 ※一※ ① (名) そのもの本来の性質。それ自身。地体。多く名詞の下に付いてその意を強める。 「制度―が悪いのではない」「考え方それ―に問題がある
  • いちじ:    【一字】 (1)一つの文字。 (2)〔一文銭の表に四文字あるところから〕 一文の四分の一。二分五厘。また,ごくわずかの金額のこと。 →一銭一字 ; 【一次】 (1)何回・何段階かに分けて行われることについて,第一回。一番目。 「―試験」「―変電所」「第―段階」 (2)ある事物・現象が,根本的・原初的であること。 「―史料」 (3)〔数〕 整式で,ある変数に関して二乗またはそれ以上の項を含まない

隣接する単語

  1. "いちじしょとく" 意味
  2. "いちじじしゃく" 意味
  3. "いちじじょう" 意味
  4. "いちじせんい" 意味
  5. "いちじせんきん" 意味
  6. "いちじだい" 意味
  7. "いちじつ" 意味
  8. "いちじつえんどん ②-" 意味
  9. "いちじつさんしゅう" 意味
  10. "いちじせんい" 意味
  11. "いちじせんきん" 意味
  12. "いちじだい" 意味
  13. "いちじつ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社