いちじょうみょうてん 意味

発音を聞く:
  • 【一乗妙典】
    一乗の道理をあらわす優れた経典。法華経のこと。

  • いちじょう-みょうてん:    ―メウ― [5] 【一乗妙典】一乗の道理をあらわす優れた経典。法華経のこと。
  • いちじょうてんのう:    【一条天皇】 (980-1011) 第六六代天皇(在位 986-1011)。名は懐仁(ヤスヒト)。円融天皇の第一皇子。在位中は藤原氏の最盛期。
  • ごいちじょうてんのう:    【後一条天皇】 (1008-1036) 第六八代天皇(在位 1016-1036)。名は敦成(アツヒラ)。一条天皇の皇子。母は藤原道長の娘彰子。在位中道長が摂政を務めた。

隣接する単語

  1. "いちじょうだに-あさくらしていえん" 意味
  2. "いちじょうてんのう" 意味
  3. "いちじょうのほう" 意味
  4. "いちじょうふゆら" 意味
  5. "いちじょうべんぽう" 意味
  6. "いちじょう-いちげ" 意味
  7. "いちじょう-いっさいじょう" 意味
  8. "いちじょう-いん" 意味
  9. "いちじょう-かねら" 意味
  10. "いちじょうふゆら" 意味
  11. "いちじょうべんぽう" 意味
  12. "いちじょう-いちげ" 意味
  13. "いちじょう-いっさいじょう" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社