いちもん-なし 意味

発音を聞く:
  • [3]
    【一文無し】

    所持金が全然ないこと。また,その人。もんなし。

  • いちもんなし:    【一文無し】 所持金が全然ないこと。また,その人。もんなし。
  • いちもん:    【一文】 (1)穴あき銭一枚。一貫文の千分の一。 →文(モン) (2)ごく少額の金銭。わずかな金額。 (3)一つの文字。一字。 ――にもならない 苦労をしても,なんの利益もない。一文(一円)の得にもならない。 ; 【一門】 (1)一家族,または一族。 「平家―」「―の名折れ」 (2)同じ宗門。また,その人々。 「縁あって易行(イギヨウ)の―に入る」 (3)学問・武道・芸能などで,同じ師の流れを
  • いちもんじ:    【一文字】 〔「一」と銘したところから〕 備前国に住した刀工の一派。また,その作刀の総称。鎌倉時代を中心に栄え,同国の福岡・吉岡・岩戸(正中),また備中国へ移住した片山などの系統に分かれる。則宗・助則・助宗らが有名。 →則宗 ; 【一文字】 (1)一つの文字。 (2)「一」という文字。 「丸に―の家紋」 (3)「一」という字のようにまっすぐなこと。 「口をきりりと―に結ぶ」「真―」 (4)わき

隣接する単語

  1. "いちもん-いっとう" 意味
  2. "いちもん-おしみ" 意味
  3. "いちもん-がし" 意味
  4. "いちもん-きなか" 意味
  5. "いちもん-せん" 意味
  6. "いちもん-はんせん" 意味
  7. "いちもん-ふち" 意味
  8. "いちもん-ふつう" 意味
  9. "いちもん-ふもん" 意味
  10. "いちもん-きなか" 意味
  11. "いちもん-せん" 意味
  12. "いちもん-はんせん" 意味
  13. "いちもん-ふち" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社