いちようらいふく 意味

発音を聞く:
  • 【一陽来復】
    〔「周易本義」。陰が極まって陽が生ずること〕
    (1)冬が去り春がくること。新年がくること。
    (2)悪いことが長く続いたあとで,ようやくよい方へ向かうこと。
    (3)〔一年を易の十二卦(ケ)に配当すると,陰暦一〇月に陰が極まり,一一月の冬至に一陽がかえることから〕
    陰暦一一月または冬至のこと。

  • いちよう-らいふく:    イチヤウ― [0] 【一陽来復】(「周易本義」。陰が極まって陽が生ずること)(1)冬が去り春がくること。新年がくること。(2)悪いことが長く続いたあとで,ようやくよい方へ向かうこと。(3)(一年を易の十二卦(ケ)に配当すると,陰暦一〇月に陰が極まり,一一月の冬至に一陽がかえることから)陰暦一一月または冬至のこと。
  • いちようらん:    【一葉蘭】 ラン科の多年草。中部以北の高山の樹陰に自生。広楕円形の葉を一枚だけ根生する。初夏,シュンランに似た一個の花を花茎頂に開く。ヒトハラン。
  • いちよう:    【一葉】 ⇒樋口(ヒグチ)一葉 ; 【一様】 (1)みんな同じような様子である・こと(さま)。 ⇔多様 「誰からも―な(の)返事が返ってくる」「―に白い靴を履いている」 (2)ありふれているさま。普通。 「尋常―でない」 ; 【一葉】 (1)一枚の葉。 (2)紙など,薄いもの一枚。 「写真―」 (3)〔形状が葉に似ることから〕 一艘(ソウ)の小舟。 ――落ちて天下の秋を知る 〔淮南子(説山訓

隣接する単語

  1. "いちょう-もみじ" 意味
  2. "いちょく" 意味
  3. "いちよう" 意味
  4. "いちようき" 意味
  5. "いちようばんり" 意味
  6. "いちようらん" 意味
  7. "いちよう-き" 意味
  8. "いちよう-ばんり" 意味
  9. "いちよう-らいふく" 意味
  10. "いちようき" 意味
  11. "いちようばんり" 意味
  12. "いちようらん" 意味
  13. "いちよう-き" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社