いち-ぜん 意味

発音を聞く:
  • [2]
    【一膳】

    (1)一具の膳部。
    (2)椀(ワン)に盛った食物の一杯。
    (3)箸(ハシ)ひとそろい。
    (4)一人前。一人分。「(粟餅ヲ)―ちよと頼みます/黄表紙・栄花夢」

  • いちぜん:    【一膳】 (1)一具の膳部。 (2)椀(ワン)に盛った食物の一杯。 (3)箸(ハシ)ひとそろい。 (4)一人前。一人分。 「(粟餅ヲ)―ちよと頼みます/黄表紙・栄花夢」
  • いちぜん-めし:    [3] 【一膳飯】(1)盛りきりの飯。大衆食堂などで出す,盛りきりのどんぶり飯。(2)死者の枕頭(チントウ)に供える盛りきりの飯。まくらめし。一杯飯。箸を立てることが多い。
  • いちのぜん:    【一の膳】 日本料理の正式の膳立てで,第一番目に出す膳。飯・汁・膾(ナマス)・煮物・香の物からなり,客の正面に置かれる。本膳。 →二の膳 →三の膳

隣接する単語

  1. "いち-じる・し" 意味
  2. "いち-じん" 意味
  3. "いち-ず" 意味
  4. "いち-ずい" 意味
  5. "いち-せいめん" 意味
  6. "いち-ぞく" 意味
  7. "いち-ぞん" 意味
  8. "いち-たい-いち" 意味
  9. "いち-だ" 意味
  10. "いち-ずい" 意味
  11. "いち-せいめん" 意味
  12. "いち-ぞく" 意味
  13. "いち-ぞん" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社