いち-の-たい 意味

発音を聞く:
  • 【一の対】
    寝殿造りで,同一方角に対屋(タイノヤ)が複数設けられている時,寝殿に近い方の対屋をいう。

  • たいち:    【大知】 〔「だいち」とも〕 すぐれた知恵。また,それを備えた人。 ――は愚の如(ゴト)し 〔蘇軾「賀歌欧陽少師致仕啓」〕 真に賢い人は小ざかしい言動をしないから,ちょっと見ただけでは愚者のように見える。 ; 【大痴】 ひどく愚かなこと。おおばか。大愚。自分のことをへりくだっていうことが多い。 ; 【対置】 対照するように置くこと。相対して位置させること。 「修正案を―する」 ; 【対地】
  • いち-たい-いち:    [3]-[2] 【一対一】(「いったいいち」とも)(1)一つの物が他の一つの物に対応すること。「―の関係」(2)一人が一人と対すること。マンツーマン。「―で話し合う」
  • いちたいいち:    【一対一の】one-to-one;man-to-man (腹を割った).~で face to face.

隣接する単語

  1. "いち-の-かみ" 意味
  2. "いち-の-きさき" 意味
  3. "いち-の-くらい" 意味
  4. "いち-の-しょうにん" 意味
  5. "いち-の-ぜん" 意味
  6. "いち-の-つかさ" 意味
  7. "いち-の-ところ" 意味
  8. "いち-の-とり" 意味
  9. "いち-の-とりい" 意味
  10. "いち-の-しょうにん" 意味
  11. "いち-の-ぜん" 意味
  12. "いち-の-つかさ" 意味
  13. "いち-の-ところ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社