いち-よう 意味

発音を聞く:
  • ―ヤウ [0]
    【一様】
    (名・形動)[文]ナリ
    (1)みんな同じような様子である・こと(さま)。
    多様
    「誰からも―な(の)返事が返ってくる」「―に白い靴を履いている」
    (2)ありふれているさま。普通。「尋常―でない」

  • いちよう:    【一葉】 ⇒樋口(ヒグチ)一葉 ; 【一様】 (1)みんな同じような様子である・こと(さま)。 ⇔多様 「誰からも―な(の)返事が返ってくる」「―に白い靴を履いている」 (2)ありふれているさま。普通。 「尋常―でない」 ; 【一葉】 (1)一枚の葉。 (2)紙など,薄いもの一枚。 「写真―」 (3)〔形状が葉に似ることから〕 一艘(ソウ)の小舟。 ――落ちて天下の秋を知る 〔淮南子(説山訓
  • いちようき:    【一葉忌】 樋口一葉の忌日。一一月二三日。
  • いちよう-き:    イチエフ― [3] 【一葉忌】樋口一葉の忌日。一一月二三日。

隣接する単語

  1. "いち-もん" 意味
  2. "いち-もんじ" 意味
  3. "いち-や" 意味
  4. "いち-やく" 意味
  5. "いち-ゆう" 意味
  6. "いち-よく" 意味
  7. "いち-らく" 意味
  8. "いち-らん" 意味
  9. "いち-り" 意味
  10. "いち-やく" 意味
  11. "いち-ゆう" 意味
  12. "いち-よく" 意味
  13. "いち-らく" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社