いっさん 意味

発音を聞く:
  • 【一山】
    本寺・子院をも含めて,寺全体。全山。
    「今は徳行重うして―の和尚(ワジヨウ)たり/平家 2」

  • 【一盞】
    (1)一つのさかずき。
    (2)一杯の酒。
    「―を傾ける」

  • 【一粲】
    〔粲は輝く意で白い歯を見せて笑うこと〕
    ひと笑いすること。一笑。
    ――に供・する
    「一粲を博す」に同じ。
    ――を博(ハク)す
    〔自作の詩文が人に読まれることを謙遜していう語〕
    一笑に供する。

  • いっさんか:    【一酸化】 酸素一原子と化合していること。
  • いっさんに:    【一散に・逸散に】 わき目もふらずに走るさま。一目散に。 「―自分の家へ帰った/土(節)」
  • いっさん-か:    ―クワ [0] 【一酸化】酸素一原子と化合していること。

例文

もっと例文:   次へ>
  1. メンバーからは「いっさん」と呼ばれている。
  2. 愛称は「よういっさん」。
  3. 愛称は「いっさん」。
  4. 一酸化鉛(いっさんかなまり、PbO)は鉛と酸素の化合物である。
  5. 一酸化炭素(いっさんかたんそ、Carbon Monoxide)は、常温・常圧で無色・無臭・可燃性の気体。

隣接する単語

  1. "いっさく-や" 意味
  2. "いっさく-ゆう" 意味
  3. "いっさつ" 意味
  4. "いっさつたしょう" 意味
  5. "いっさつ-たしょう" 意味
  6. "いっさんいちねい" 意味
  7. "いっさんか" 意味
  8. "いっさんかたんそ" 意味
  9. "いっさんかたんそさいきん" 意味
  10. "いっさつたしょう" 意味
  11. "いっさつ-たしょう" 意味
  12. "いっさんいちねい" 意味
  13. "いっさんか" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社