いっしゅ-きん 意味

発音を聞く:
  • [0][3]
    【一朱金】

    一朱に相当する金貨。文政一朱金の一種が通用。品位がきわめて悪かった。

  • いっしゅきん:    【一朱金】 一朱に相当する金貨。文政一朱金の一種が通用。品位がきわめて悪かった。
  • いっしゅ:    【一朱】 (1)江戸時代の貨幣単位で,一両の一六分の一。一分の四分の一。 →朱 (2)「一朱金」「一朱銀」の略。 ; 【一炷】 (1)一本の灯心。 (2)線香・香を,ひとたびくゆらすこと。香のひとくゆり。
  • いっしゅう:    【壱州】 壱岐(イキ)国の別名。 ; 【一周】 ひと回りすること。ひと巡り。 「世界を―する」 ; 【一宗】 仏教の一つの宗派。 「―の開基」

隣接する単語

  1. "いっしゅつ" 意味
  2. "いっしゅん" 意味
  3. "いっしゅんかん" 意味
  4. "いっしゅん-かん" 意味
  5. "いっしゅ-いっぺい" 意味
  6. "いっしゅ-ぎん" 意味
  7. "いっしょ" 意味
  8. "いっしょう" 意味
  9. "いっしょういっせ" 意味
  10. "いっしゅん-かん" 意味
  11. "いっしゅ-いっぺい" 意味
  12. "いっしゅ-ぎん" 意味
  13. "いっしょ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社