いっす 意味

発音を聞く:
  • 【逸す】
    ⇒いっする

  • 【揖す】
    おじぎをする。会釈する。
    「一言の応答なく―・して将さに去んとす/花柳春話(純一郎)」

  • いっすい:    【一水】 (1)一つの水の流れ。一つの川。 「一山―」 (2)(水・酒などの)ひとしずく。一滴。わずかであること。 「是はいかな事,―もない/狂言・丼礑(虎寛本)」 ; 【一炊】 飯などをひとたきすること。 ――の夢 「邯鄲(カンタン)の夢」に同じ。 「げに何事も―/謡曲・邯鄲」
  • いっすい-かい:    ―クワイ 【一水会】洋画家・陶芸家の美術団体。石井柏亭・有島生馬・安井曾太郎・山下新太郎・藤川勇造らが二科会を脱会して1936年(昭和11)に結成。
  • いっすい-ざい:    [3] 【溢水罪】溢水させて,住居などの建造物や汽車・電車・鉱坑を水浸しにし,またはその他の物を水浸しにして公共の危険を発生させることにより成立する罪。建造物等浸害罪。

例文

もっと例文:   次へ>
  1. 《軽いっすね これ》 《業界最軽量の》
  2. なんだ ガイ先生 元気じゃないっすか。
  3. 俺 そんなに おもしろおかしいっすか?
  4. ちょっと。 時間 ないっすよ。 時間。
  5. それにしても お客さん 来ないっすね。

隣接する単語

  1. "いっし-そうぞく" 意味
  2. "いっし-そうでん" 意味
  3. "いっし-どうじん" 意味
  4. "いっし-はんせん" 意味
  5. "いっし-ほうこく" 意味
  6. "いっすい" 意味
  7. "いっすいかい" 意味
  8. "いっすいざい" 意味
  9. "いっすい-かい" 意味
  10. "いっし-はんせん" 意味
  11. "いっし-ほうこく" 意味
  12. "いっすい" 意味
  13. "いっすいかい" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社