いっそうりゅう 意味

発音を聞く:
  • 【一噌流】
    能楽の笛方三流派の一。安土桃山時代に中村一噌(1522-1600)が始めた。

  • いっそう-りゅう:    ―リウ 【一噌流】能楽の笛方三流派の一。安土桃山時代に中村一噌(1522-1600)が始めた。
  • そうりゅう:    【層流】 流体の隣りあう部分が混ざりあうことなく流線が規則正しい形を保つ流れ。流速が小さく,粘性の作用が大きいときにみられる。 ⇔乱流 ; 【蒼竜】 ⇒そうりょう(蒼竜)
  • そう-いっそう:    [1] 【層一層】 (副)「一層」を強めた言い方。さらにいっそう。なおいっそう。「坑は―と明るくなつた/坑夫(漱石)」

隣接する単語

  1. "いっそ" 意味
  2. "いっそう" 意味
  3. "いっそういちぼく" 意味
  4. "いっそうの" 意味
  5. "いっそうへたに" 意味
  6. "いっそう少なく" 意味
  7. "いっそう悪い" 意味
  8. "いっそう有力な理由で" 意味
  9. "いっそう-いちぼく" 意味
  10. "いっそうの" 意味
  11. "いっそうへたに" 意味
  12. "いっそう少なく" 意味
  13. "いっそう悪い" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社