いっちょうら 意味

発音を聞く:
  • 【一張羅】
    〔「羅」はうすぎぬの意〕
    (1)もっている着物の中で,一番上等のもの。とっておきの晴れ着。
    (2)たった一枚しかもっていない着物。

  • いっちょう:    【一丁】 (1)豆腐・刃物などのように「丁」を用いて数えられるもの一つ。 〔墨・駕籠(カゴ)・銃などは「一挺」とも書く〕 →丁 →挺(チヨウ) (2)ひと勝負。ひと仕事。 「もう―揉(モ)んでやろう」 (3)「一町{(2)}」に同じ。 (4)(副詞的に用いて)物事を始めるときに用いる語。それでは。さあ。 「―やるか」 ; 【一町】 (1)一つの町。また,町全体。 (2)(ア)町を単位として一
  • いっちょう-まえ:    ―チヤウマヘ [0] 【一丁前】(「丁」は「正丁」の「丁」)一人前。「―の口をきく」
  • いっちょう-ら:    ―チヤウ― [3] 【一張羅】(「羅」はうすぎぬの意)(1)もっている着物の中で,一番上等のもの。とっておきの晴れ着。(2)たった一枚しかもっていない着物。

隣接する単語

  1. "いっちょういっし" 意味
  2. "いっちょういっせき" 意味
  3. "いっちょういったん" 意味
  4. "いっちょうまえ" 意味
  5. "いっちょうみところ" 意味
  6. "いっちょう-いっかん" 意味
  7. "いっちょう-いっし" 意味
  8. "いっちょう-いっせき" 意味
  9. "いっちょう-いったん" 意味
  10. "いっちょうまえ" 意味
  11. "いっちょうみところ" 意味
  12. "いっちょう-いっかん" 意味
  13. "いっちょう-いっし" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社