いっ-せい 意味

発音を聞く:
  • [0]
    【一声】

    (1)ひとこえ。
    (2)一度だけ音を出すこと。「汽笛―」
    (3)能の謡(ウタイ)の構成部分の一。シテもしくはワキが登場するとき,あるいは舞の直後に謡う七五調の謡。その場所の景色や自己の心情などを表現する。
    (4)能の囃子(ハヤシ)の曲種の一。演者が舞台に登場する際に奏されるややリズミカルな囃子。笛・小鼓・大鼓で奏す。
    (5)能の様式を模した狂言で奏される登場楽。

  • いっかい-せい:    ―クワイ― [3] 【一回生】(1)第一年度の卒業生。(2)(関西で)大学の一年生。
  • いっかせい:    【一過性】 (1)病気の症状の一形態で,短時間出現してすぐ消え去るもの。 (2)ある現象が一時的であること。 「―の流行」 ; 【一化性】 昆虫が自然状態で,一年に一回羽化(ウカ)する性質。 →化性
  • いっかん-せい:    ―クワン― [0] 【一貫性】最初から最後まで矛盾がない状態であること。同じ態度を持続すること。「―に欠ける」

隣接する単語

  1. "いっ-しん" 意味
  2. "いっ-しんとう" 意味
  3. "いっ-すい" 意味
  4. "いっ-すん" 意味
  5. "いっ-せ" 意味
  6. "いっ-せいめん" 意味
  7. "いっ-せき" 意味
  8. "いっ-せつ" 意味
  9. "いっ-せつな" 意味
  10. "いっ-すん" 意味
  11. "いっ-せ" 意味
  12. "いっ-せいめん" 意味
  13. "いっ-せき" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社