いつくしむ 意味

発音を聞く:
  • 【慈しむ】
    〔「うつくしむ」の転〕
    かわいがって,大事にする。
    「我が子のように―・む」

  • うつくしむ:    【慈しむ・愛しむ】 かわいがる。いつくしむ。うつくしぶ。 「よるひる―・みて/源氏(乙女)」
  • いつくし:    【厳し・美し】 (1)いかめしい。おごそかだ。 「皇神(スメカミ)の―・しき国/万葉 894」 (2)尊く立派だ。大切だ。重々しく格式がある。 「―・しうもてかしづきたてまつり給ふ/増鏡(おどろの下)」 (3)美しい。 「―・しくかたじけなきものに思ひはぐくむ/源氏(若菜下)」
  • いつくしま:    【厳島】 広島湾西部の島。最高所は弥山(ミセン)。島をおおう原始林は国の天然記念物。神の島とされ,出産・埋葬を忌んだ。北西岸に厳島神社があり,日本三景の一。宮島。

例文

もっと例文:   次へ>
  1. 死がまさに我らを引離すまで愛し、いつくしむ
  2. 俺を尊敬し、愛し、 いつくしむ
  3. 俺を尊敬し、愛し、 いつくしむ
  4. 「そして、その中から新たな猛獣が生まれ出て、 ベスレヘムをいつくしむだろう」
  5. 祝日法では「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ことを趣旨としている。

隣接する単語

  1. "いつくしまのたたかい" 意味
  2. "いつくしま-ぎれ" 意味
  3. "いつくしま-じんじゃ" 意味
  4. "いつくしま-の-たたかい" 意味
  5. "いつくしみ" 意味
  6. "いつくし・む" 意味
  7. "いつく・し" 意味
  8. "いつぐん" 意味
  9. "いつける" 意味
  10. "いつくしま-の-たたかい" 意味
  11. "いつくしみ" 意味
  12. "いつくし・む" 意味
  13. "いつく・し" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社