いてき 意味

発音を聞く:
  • 【夷狄】
    〔「夷」は東方の蛮人,「狄」は北方の未開人の意〕
    (1)未開の人。えびす。野蛮人。
    →東夷
    →北狄
    (2)外国人を,軽蔑したり敵意をもったりして呼ぶときに使う語。
    「―を打ち払う」

  • いちいてき:    【一意的】 意味や値が一つに確定しているさま。 「測定値が―に定まる」
  • おいてき-ぼり:    [0] 【置いてきぼり】(「おいてけぼり」の転)仲間を見捨てて行くこと。置きざりにすること。おいてけぼり。「―を食う」
  • かいてき:    【快適】 心やからだの望むとおりの条件が満たされて,とても気持ちのよい・こと(さま)。 「―な生活」 ﹛派生﹜——さ(名)

例文

もっと例文:   次へ>
  1. 老人がたどたどしい足取りで歩いてきた。
  2. 西洋の多くの習慣が日本に根付いてきた。
  3. あなたは私についてきさえすればよい。
  4. 彼女は私に裁縫が出来るか聞いてきた。
  5. まあその辺でもぶらついてきましょう。

隣接する単語

  1. "いて" 意味
  2. "いてい" 意味
  3. "いていあん" 意味
  4. "いてい-あん" 意味
  5. "いてかえる" 意味
  6. "いてぐそく" 意味
  7. "いてぐも" 意味
  8. "いてざ" 意味
  9. "いてぞら" 意味
  10. "いてい-あん" 意味
  11. "いてかえる" 意味
  12. "いてぐそく" 意味
  13. "いてぐも" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社