いとう-ひろぶみ 意味

発音を聞く:
  • 【伊藤博文】
    (1841-1909) 政治家。長州の人。初名は俊輔。松下村塾に学び,討幕運動に活躍。明治政府にあって,帝国憲法の制定,天皇制の確立に尽力。初代首相・枢密院議長・立憲政友会総裁などを歴任。組閣四度に及び,その間日清戦争を遂行。1905年(明治38)初代韓国統監。ハルビンで安重根に暗殺された。

  • いとうひろぶみ:    【伊藤博文】 (1841-1909) 政治家。長州の人。初名は俊輔。松下村塾に学び,討幕運動に活躍。明治政府にあって,帝国憲法の制定,天皇制の確立に尽力。初代首相・枢密院議長・立憲政友会総裁などを歴任。組閣四度に及び,その間日清戦争を遂行。1905年(明治38)初代韓国統監。ハルビンで安重根に暗殺された。
  • いろぶみ:    【色文】 恋の思いを記した手紙。恋ぶみ。
  • ひろぶた:    【広蓋】 (1)衣装箱のふた。昔,衣を人に与えるとき,これにのせて与えた。 (2)縁のある大きい角盆。

隣接する単語

  1. "いとう-だいすけ" 意味
  2. "いとう-ちゅうた" 意味
  3. "いとう-ちゆう" 意味
  4. "いとう-とうがい" 意味
  5. "いとう-のえ" 意味
  6. "いとう-へいざえもん" 意味
  7. "いとう-みよじ" 意味
  8. "いとう-らんぐう" 意味
  9. "いとう-らんでん" 意味
  10. "いとう-とうがい" 意味
  11. "いとう-のえ" 意味
  12. "いとう-へいざえもん" 意味
  13. "いとう-みよじ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社