いとま 意味

発音を聞く
  • 【暇・遑】
    〔物事と物事との間の空白の意〕
    (1)仕事のない時。時間の余裕。ひま。
    「応接に―がない」「枚挙に―がない」
    (2)休むこと。休暇。
    「一週間のお―をいただく」
    (3)職務をやめること。また,やめさせること。ひま。
    「―を出す」「玄機は僮僕に―を遣つて/魚玄機(鴎外)」
    (4)別れて去ること。辞去。
    「―を告げる」
    →おいとま
    (5)離縁。
    「妻に―を出す」
    (6)すき間。ひま。
    「たま柳えだの―も見えぬ春かな/後葉+もっと...
  • いとまき:    【糸巻(き)】 (1)糸を巻くこと。また,そのための板きれや道具。 (2)釣り糸を巻き収める道具。 (3)三味線・琵琶・バイオリンなど弦楽器の頭部にあって,弦を巻きつけ,音高を調節するねじ。転手(テンジユ)。 (4)江戸時代の婦人の髪の結い方の一。髷(マゲ)の髪を笄(コウガイ)に巻きつけて{(1)}のような形にしたもの。 (5)家紋の一。{(1)}にかたどったもの。 (6)「糸巻の太刀」の略。
  • いとまき-えい:    ―エヒ [4] 【糸巻鱝】エイ目の海魚。全長2.5メートル,体重500キログラムにも達する。尾部はむち状で,体長より長く毒針をもつが性質はおとなしい。体の前方に耳のようにみえる鰭(ヒレ)が一対あり,これを動かして腹面にある口に餌(エサ)を運ぶ。南日本以南から中国および熱帯海域にかけて広く分布。ギンメ。ヒラ。イソナデ。近縁種のオニイトマキエイ(マンタ)はエイ類の最大種。
  • いとまき-ふぐ:    [4] 【糸巻河豚】フグ目の海魚。体長13センチメートル程度。体形は箱状。体は硬い甲板におおわれている。背側の隆起に鋭い一棘があり,腹側の隆起にも数本の棘がある。相模湾から東シナ海まで分布。

例文

もっと例文:   次へ>
  1. そろそろおいとましなければなりません。
  2. 早く言い訳を考えないとまずい事になる。
  3. 私たちはもうおいとましなければならない。
  4. もう本当においとましなければなりません。
  5. 彼はその家族にいとまごいをした。

隣接する単語

  1. "いとびん" 意味
  2. "いとびんやっこ" 意味
  3. "いとびん-やっこ" 意味
  4. "いとぶ" 意味
  5. "いとへん" 意味
  6. "いとまき" 意味
  7. "いとまきえい" 意味
  8. "いとまきのたち" 意味
  9. "いとまきひとで" 意味
  10. "いとぶ" 意味
  11. "いとへん" 意味
  12. "いとまき" 意味
  13. "いとまきえい" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社