いと-さま 意味

発音を聞く:
  • 【幼様】
    小児をいう敬称。「お生まれなされた―の/浄瑠璃・布引滝」

  • いとさま:    【幼様】 小児をいう敬称。 「お生まれなされた―の/浄瑠璃・布引滝」
  • さま:    【様・方】 ※一※ (名) (1)物事の様子や状態。ありさま。 「彼女の寂しげな―」「蝶の群れ飛ぶ―」「―変わり」 (2)すがた。かたち。 「この君の十ばかりになり給へる―の,ゆゆしきまでをかしげなるを/源氏(玉鬘)」 (3)やり方。方法。また,形式。 「もの言ふ―も知らず/源氏(常夏)」「僧正遍昭は,歌の―はえたれども,まことすくなし/古今(仮名序)」 (4)品格。人柄。 「この度はいかでか
  • さま-さま:    【様様】 (接尾)自分に恩恵・利益を与えてくれる人や物の名に付けて,感謝の気持ちを表す。「女房―」

隣接する単語

  1. "いと-げ" 意味
  2. "いと-こ" 意味
  3. "いと-こき" 意味
  4. "いと-こんにゃく" 意味
  5. "いと-さばき" 意味
  6. "いと-さん" 意味
  7. "いと-ざくら" 意味
  8. "いと-しば" 意味
  9. "いと-しも" 意味
  10. "いと-こんにゃく" 意味
  11. "いと-さばき" 意味
  12. "いと-さん" 意味
  13. "いと-ざくら" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社