いと-め 意味

発音を聞く:
  • [3][0]
    【糸目】

    (1)糸筋。細い糸。
    (2)器物に刻みつけた細い線。
    (3)凧(タコ)の釣り合いをとるために,表面につける数本の糸。
    (4)「糸歩(イトブ)」に同じ。
    (5)江戸時代,甲州金の量目の呼称。一両の六四分の一。
    (6)多毛綱の環形動物。ゴカイの一種。体は細長く20センチメートル内外で,環節数が三〇〇近くある。河口近くの浅海や汽水湖の泥底にすむ。一〇~一二月,生殖のため泳ぎ出し,これをバチと呼ぶ。釣り+もっと...
  • いと:    ※一※ (名) 〔※二※ の転。近世語〕 (1)幼児。 「これ怪我さんすな―/浄瑠璃・新版歌祭文」 (2)女児。娘。 「お家さんの傍に立つて居なます―さんを見いな/滑稽本・浮世風呂 2」 ※二※ (接頭) 名詞に付いて,いとけない・幼い,の意を表す。 「―姫君の,小式部のめのと/紫式部日記」 ; 【伊都・怡土】 ⇒伊都国(イトノクニ) ; 【糸】 (1)繊維が長く線状に連続したもの。綿糸・毛
  • :    (1)五十音図マ行第四段の仮名。両唇鼻音の有声子音と前舌の半狭母音とから成る音節。 (2)平仮名「め」は「女」の草体。片仮名「メ」は「女」の末二画の,初めの右上から左下への画を省いたもの。 〔奈良時代までは,上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり,発音上区別があったとされる〕 ; 【目・眼】 ※一※ ① (名) ❶光の刺激を受けとる感覚器。脊椎動物では眼球・視神経からなり,外界から入った光は角膜
  • め-め:    【米】こめ。「―五十石まゐする程に/狂言・比丘貞」

隣接する単語

  1. "いと-まるがわら" 意味
  2. "いと-みち" 意味
  3. "いと-みみず" 意味
  4. "いと-みゃく" 意味
  5. "いと-みや" 意味
  6. "いと-めん" 意味
  7. "いと-も" 意味
  8. "いと-もの" 意味
  9. "いと-やど" 意味
  10. "いと-みゃく" 意味
  11. "いと-みや" 意味
  12. "いと-めん" 意味
  13. "いと-も" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社