いなか-えびす 意味

発音を聞く:
  • ヰナカ―
    【田舎夷】

    田舎者を軽蔑していう語。「是源兵衛殿おまん殿,さすがは―よなう/浄瑠璃・薩摩歌」

  • いなかえびす:    【田舎夷】 田舎者を軽蔑していう語。 「是源兵衛殿おまん殿,さすがは―よなう/浄瑠璃・薩摩歌」
  • えびす:    【戎・夷】 〔「えみし」の転〕 (1)「えぞ(蝦夷){(1)}」に同じ。 「其の国の奥に―と云ふ者有りて/今昔 31」 (2)都から遠く離れた未開の土地の人。 「かかることは,―・町女などこそいへ/栄花(浦々の別)」 (3)荒々しい武士。情を解さぬ荒っぽい人。特に,東国の武士を京の人から見て言う語。 「―は弓引くすべ知らず/徒然 80」「荒―」「東(アズマ)―」 (4)野蛮な外国人。蛮夷(バン
  • あずま-えびす:    アヅマ― [4] 【東夷・東蝦夷】京都の人が東国地方の人々,特に武士の無骨さをあざけっていった語。東国の野人。

隣接する単語

  1. "いなか・びる" 意味
  2. "いなか者" 意味
  3. "いなか風" 意味
  4. "いなか風の" 意味
  5. "いなか-うた" 意味
  6. "いなか-かせぎ" 意味
  7. "いなか-かたぎ" 意味
  8. "いなか-がくもん" 意味
  9. "いなか-くさ・い" 意味
  10. "いなか風の" 意味
  11. "いなか-うた" 意味
  12. "いなか-かせぎ" 意味
  13. "いなか-かたぎ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社