いなりずし 意味

発音を聞く
  • 【稲荷鮨】
    甘く煮た油揚げの中にすし飯を詰めたもの。しのだずし。きつねずし。

  • いなり-ずし:    [3] 【稲荷鮨】甘く煮た油揚げの中にすし飯を詰めたもの。しのだずし。きつねずし。
  • くさりずし:    【腐り鮨】 熟(ナ)れ鮨の一種。サバなどの切り身を飯の上にのせ,アセビの葉で巻いて桶に漬け込んだもの。和歌山県南部の名産。
  • にぎりずし:    【握り鮨】 一口ほどに握った酢飯に新鮮な魚介などの種(タネ)をのせた鮨。ワサビをきかせ,醤油をつけて食べる。江戸前鮨。にぎり。

例文

  1. 稲荷寿司(いなりずし)は、油揚げの中に飯を詰めた寿司。
  2. 主に「子安いなりずし」「清姫一夜すし」を1番ホームの食堂兼調製所(改札外からも購入可能)で販売している。
  3. 主なギャグは「ケツだけ星人」「半ケツフラダンス」「ぞうさん踊り」「(全力疾走する)いなりずし」「ケツ顔マン」など。
  4. 股間は無理に伸ばしたブーメランパンツによってチマキやいなりずしのように強調されており、犯人が現場になぜか落ちているいなり寿司を食べようと箸でつまむと「それは私のおいなりさんだ」と登場するのがお約束であった。

隣接する単語

  1. "いならぶ" 意味
  2. "いなり" 意味
  3. "いなりこう" 意味
  4. "いなりしんこう" 意味
  5. "いなりじんじゃ" 意味
  6. "いなりどりい" 意味
  7. "いなりまち" 意味
  8. "いなりまつり" 意味
  9. "いなりもうで" 意味
  10. "いなりしんこう" 意味
  11. "いなりじんじゃ" 意味
  12. "いなりどりい" 意味
  13. "いなりまち" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社