いな-さく 意味

発音を聞く:
  • [0]
    【稲作】

    (1)稲の栽培。米作。「―地帯」
    (2)稲の実り具合。「今年の―は平年並みだ」

  • いなさく:    【稲作】 (1)稲の栽培。米作。 「―地帯」 (2)稲の実り具合。 「今年の―は平年並みだ」
  • いな:    【稲】 「いね」の転。多く他の名詞と複合して用いられる。 「―作」「―穂」「神のさき田に―の穂の/神楽歌」 ; 【伊那】 長野県南部,伊那盆地北部の市。木工業・精密機械工業が立地し,酪農やリンゴ栽培も行われる。 ; 【維那】 〔仏〕 三綱(サンゴウ)の一。僧たちの諸務をつかさどる僧。禅宗では「いの」「いのう」と読み,僧の綱紀をつかさどる僧。都維那(ツイナ)。 ; 【異な】 〔形容動詞「異(イ
  • いな-いな:    [1] 【否否】 (感)いやいや。いえいえ。「いな」を強めた言い方。

隣接する単語

  1. "いな-くき" 意味
  2. "いな-ぐら" 意味
  3. "いな-こき" 意味
  4. "いな-こと" 意味
  5. "いな-ご" 意味
  6. "いな-しき" 意味
  7. "いな-すずめ" 意味
  8. "いな-ずま" 意味
  9. "いな-せ" 意味
  10. "いな-こと" 意味
  11. "いな-ご" 意味
  12. "いな-しき" 意味
  13. "いな-すずめ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社