b判 意味

発音を聞く
  • 紙加工仕上げ寸法の系列の一。
    ビー判

  • b 判:    ビー-ばん[0] 【 B 判】(1)ジス(JIS)による紙加工仕上げ寸法の一系列。〇番(1030ミリメートル×1456ミリメートル)から一〇番(32ミリメートル×45ミリメートル)までの一一種がある。(2)ジス(JIS)による紙の原紙寸法。765ミリメートル×1085ミリメートル。B 列本判。B 全判。A 判紙
  • b 4判:    ビーよん-ばん[0] 【 B 4判】( B 列4番の大きさの意)紙加工仕上げ寸法の名。257ミリメートル×364ミリメートル。複写用紙などに用いられる。B 判
  • b 6判:    ビーろく-ばん[0] 【 B 6判】( B 列6番の大きさの意)紙加工仕上げ寸法の名。128ミリメートル×182ミリメートル。四六判とほぼ同じで,普通の書籍に多く見られる。

例文

もっと例文:   次へ>
  1. 俺 自己採点 B判定だったんだよね
  2. 俺 自己採点 B判定だったんだよね
  3. AB判で定価390円。
  4. 1929年から紙の寸法はA判B判などの標準規格が定められている。
  5. B判は日本独自の判型であるためである(海外のB判とは大きさが異なる)。
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社