gm管 意味

発音を聞く:
  • 〖Geiger-Müller counter〗
    ガイガー-ミュラー計数管。放射線検出器の一。

  • :    かん ※一※ ① (名) (1)中空で円柱状の棒。つつ。くだ。 (2)管楽器。笛・ラッパなど。 ※二※ (接尾) 助数詞。笛・筆などくだ状の物を数えるのに用いる。 「笛一―」 ; くだ ① (1)断面が円形で,中が空になっている細長いもの。普通,液体や気体を通すのに用いる。 「ゴムの―で水を吸い上げる」 (2)機(ハタ)を織るとき,緯(ヨコ)糸を巻きつける芯(シン)。 (3)糸繰り車のつむに
  • 管―:    くだ-ジバン【管―】近世,男性用の夏の肌着。細いアシやシノダケを短く切って糸を通して編んだもの。管肌着。
  • gm曲線:    メタセンター半径; メタセンター曲線
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社