k 点 意味

発音を聞く:
  • ケー-てん[1]
    【 K 点】
    ((ドイツ) kritischer Punkt)
    スキーのジャンプ競技で,ランディング-バーンに赤い線で示してある極限点。これ以上遠くへ飛ぶと危険であるという印。

  • k点:    〖(ドイツ) kritischer Punkt〗ケー点
  • :    ちょぼ ① 〔「ちょぼ(樗蒲)」の賽(サイ)の目の打ち方に似ることからという〕 (1)しるしに打つ点。ぽち。 (2)歌舞伎の義太夫狂言や丸本物で,地の部分を義太夫節で語ること。また,それを語る太夫。太夫が本の自分の語る箇所に傍点をふったことから付いた名称。床浄瑠璃。 ; てん ※一※ ◎ (名) (1)筆やペンの先をちょっとつけて記したようなごく小さなしるし。 「遠くの人が―のように見える」
  • 点―:    てん-グラフ[3] 【点―】点の数や分布密度により量の大小や分布状態を表したグラフ。統計地図などで使われる。

例文

  1. は、各 k 点上の各バンドでの電子の占有数。
  2. は、各 k 点上の各バンドでの電子の占有数。
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社