rh因子 意味

発音を聞く:   rh因子の例文
  • rh 因子:    アール-エッチ-いんし[7] 【 Rh 因子】( Rh はアカゲザル(rhesus monkey; rhesus macaque)の種名から)1940年,ランドシュタイナーとウイナーによって発見された,ヒトとアカゲザルの赤血球に共通する抗原。この抗原をもつ血液を,この抗原をもたない人に繰り返し輸血すると溶血反応を示し,生命が危険になる。
  • 因子:    いんし ① (1)物事を成り立たせる要素。ファクター。 (2)生命現象において,ある作用の原因とみられる要素。環境因子・栄養因子・遺伝因子など。
  • rh 式血液型:    アール-エッチしき-けつえきがた[0] 【 Rh 式血液型】Rh 因子の有無によって分ける,ヒトの血液型。Rh 因子をもつものを Rh プラス,もたないものを Rh マイナスとする。メンデル式遺伝によって決定され,Rh プラスが優性。Rh マイナスの発現頻度は人種によって違い,日本人では0.5パーセント,欧米人では約15パーセントという。

例文

  1. Rh因子(独:Rhesusfaktor)とは、血液型を決定する因子の一つ。
  2. アカゲザルは英語での通称がRhesus Monkeyであるため「Rh因子」と呼ばれるようになった。
  3. そのため、かつてはO型は全能供血者、AB型は全能受血者と呼ばれていたが、ABO以外の型物質(Rh因子やMN式血液型など)が存在することもあり現在では緊急時を除いては通常行われない。

隣接する単語

  1. "reemplaza a を" 意味
  2. "rem睡眠" 意味
  3. "renjitsurenʼya" 意味
  4. "renjā" 意味
  5. "rho, Ρ ・ ρ" 意味
  6. "rh式血液型" 意味
  7. "riganryū" 意味
  8. "rnaウイルス" 意味
  9. "rnaプローブ" 意味
  10. "renjā" 意味
  11. "rho, Ρ ・ ρ" 意味
  12. "rh式血液型" 意味
  13. "riganryū" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社